スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
: スポンサー広告 :

アマゾネスの部屋⑮ ~ホントに最終回

さむい………

今「アマゾネス」と打って、変換キー押してしまいましたらば「海女ぞねす」と出ましたが、沖縄の海で起きた「スキューバする時、イのくちしてたら溺れました事件」がトラウマとなり全く泳げないのが残念な濱添です
おはようございます

さて、前回勢い余って「次回はアマゾネスの部屋~特別編をお送りします」と
この口が言ってしまいましたが、な、なんと!!気付いたときには打ち上げが終わっていました…わぉ!!!みんなに質問して回ろうと思っていたのに…!!

と、いうわけで
私が勝手にみんなの「花笑み」を振り返ろうと思いまーす('∀')


今回「大変立派だったで賞」は、石崎さんです
これは真面目な話、制作からなんからかんから色々やることがあって尚且つあの演技…脱帽です

「喉つぶさなかったで賞」は、後藤さんです
あれ、彼女じゃなかったら本番迎える頃には、しゃがれ声の千太になっていたでしょう

「のびのびしていたで賞」は、重丸さんです
非常にのびのびされていました

「わたしの小道具チェックをしてくれたで賞」は、むねよし君です
ナイスなタイミングで私のたすき掛けのし忘れを教えてくれました

「親戚のおじさんも良い人だったで賞」は、ロドリゲスさんです
終演後、観に来てくださった親戚のおじさんが電話をくれ、子ども(千太)が元気だった、あれはよいと、褒めてくださったそうです

「ショーン・コネリーで賞」は、釣田氏です
やっぱし大好き!常に生きた芝居をありがとうございました

「ガヤは任せてで賞」は、うっけんです
不安でテンパる私に「もうガヤのシーンはうっけんに任せてください!!」と言ってくれたあの一言で、どんなに気持ちが楽になったことか…ありがとう

「綺麗だったで賞」は、井勝さんです
舞台の上で、あまりに綺麗な人がいると思って見とれました、眉描いてくれてありがとうね

「男前だったで賞」は、伝吉さんです
最初のひのわのシーン、彼女は男役で登場しています、奥田瑛二サン似の客を見逃した貴方、DVDで今すぐチェック!

「死に方がかっこよかったで賞」は、竹中さんです
あ、そういえば本番は私見てないのですけれども…稽古の時にはかっこよかったので、きっとかっこよかったと思います!

それなら
「斬られ方がかっこよかったで賞」は、むねよし君です
すごいですね、ダブル受賞です

「間近で見てもイケメンだったで賞」は、イケメンタゴメンです
稽古の度に、何パターンもの悪い男を作ってきてくれました。楽しかったです、ありがとうございました

「かっちょいい殺陣考えたで賞」は、書上さんです
帰ってきた途端、さすがな仕事しました、殺陣の練習場所を毎回お掃除してくださる姿は番頭さんのようでした

「いつも手汗で賞」は、ふじいくんです
手汗が、手汗が…と言いながら、確実にSEや転換きっかけ出してくれました

「何役もこなしたで賞」は、織田さんです
役者のみならず、裏方でも彼女はどんな役でも見事にこなしていました

「完璧だったで賞」は、スタッフの皆さんです
この方々なくしては、花笑みの舞台は存在しませんでした
ありがとうございました!!

「よく頑張ったで賞」は、小橋さんです
泣かずに(あれ?泣いてた?)最後までよく頑張られていました

「スターはかっこよかったで賞」は、赤木さんです
その気配りや気遣いの細やかさは演技にも反映されるのです
見習わないと…

そして「本番直後に沖縄行って来たで賞」は福井さんです
ホントのホントにお疲れ様でした!!
もう沖縄でも北海道でもどこでも行っていただいて、リフレッシュしていただいて、そして、そして、次の、台本も、は、はや、早く、いや早めに、い、ただきたい…なぁ…


そうです、ソフトギア、次回公演に向けて始動しました!!
今までは一公演終わったら泣くほど寂しかった私も、もう泣いて寂しがる暇はありません
だってソフトギアは、新しい舞台をどんどんお客様にお届けするために、立ち止まっている暇はないのですから!

その事に感謝して、アマゾネスの部屋も終わり… あ、濱添は「アマゾネスの部屋、最後まで連載できたで賞」です
皆様のおかげです
稽古場日誌のスペースをいっぱい使ってすみませんでした!!

次回、心に余裕がありましたらば
続・奉還町ブログを再開いたしとうございます

それでは日に日に寒くなってまいりましたが、皆様体調には気をつけて、また梅雨時期、奉還町でお待ちしております(^^)ありがとうございました!
スポンサーサイト
: 花笑み : コメント : 0 :

花笑み終了いたしました。沢山のご来場ありがとうございました。(福井)

みなさまありがとうございます、ソフトギア主宰で脚本演出の福井でございます。

本番終了いたしました。
ご来場くださった皆様、応援して下さった皆様、一緒に舞台を作ってくれた皆様、本当に本当にありがとうございました。
皆様のお陰で、大きな事故もなく本番を終了することができました。
ありがとうございます、本当にありがとうございました。
この御礼は次の舞台で、次の次の舞台で、更に良い芝居を作り続けて行く事でお返しさせていただきます。
どうぞこれからもソフトギアをよろしくお願いいたします。

C360_2012-12-02-10-12-48.jpg
C360_2012-12-02-10-12-30.jpg
C360_2012-12-02-10-12-19.jpg

写真は、演出のワタクシが、この芝居で一番美しいと思った1シーンです。
日曜日の朝、役者たちが全員集合して、とあるシーンのすり合わせをしているところです。
この姿が一番です。この姿が最高だと、私は思うわけです。

今回はワークショップやら、アフタートークなんぞやら、非常に背伸びして内心大汗をかいていたソフトギアでした(笑)
そんな大層な事出来る人間たちではないのです。
ただただ、ひたすら一生懸命に面白いと思える芝居を創り続けていくだけの大人たちです。
それしか出来ないから、それだけをがんばります。
そして、それを少しでも多くの方に感じていただくため、これからも色々なことをしていくことでしょう。

どうでしょう?
「花笑み」喜んでいただけましたでしょうか?
単純に喜んだとは言い難い、重いお話であったかもしれません。
しかし、根底に流れるものを受け取ってもらえたなら、このお話はきっと悲劇にはならないと思うのです。
そうでなければどれだけ良いお話を頂いたとしても再演などいたしません。
どうか、私たちの思いが、ほんの少しでも貴方に届きますように。

裏話をひとつ。
主人公の一人である赤木が演じました十三、最後の最後に彼は源九郎に斬られて死んでしまうのですが、舞台に倒れて居た彼は、源九郎が最後に自分を見ることを知っていて、お客様には見えないのも承知のうえで、一生懸命微笑んでいたのです。
「笑え、笑えよ」と散っていった彼が、無表情に、苦しそうに死んでいたのでは、最後に「泣くな、泣くな、笑え」と言う源九郎のセリフが苦しくて出ないだろうと、赤木なりに考えての密かな最後の演技です。

ご来場ありがとうございました。
応援も苦言も批判も、全てひっくるめてありがたく頂戴して、これからもソフトギアはがんばります。

どうぞ、みなさま、こんな私達を今後共よろしくお願いします。

2012/12/05 福井美保

tag : 福井

: 花笑み : コメント : 1 :

花笑みご来場、ありがうございました(ゴトウ)

12月1日2日に上演致しました劇団ソフトギア公演『花笑み』、
皆様のおかげで無事に終了いたしました。
本当に、有難う御座いました。
二年前に初演を迎えたこの『花笑み』。
ご来場くださった皆様の声で、再演出来ることとなりました。
本当に、有難う御座います。
初演の日、舞台袖で震えていた事を覚えています。
まさか、この演目が天神山文化プラザリバイバルシアターとして
再演出来るとは思いもしませんでした。

また、今回の舞台美術プランは劇団青年団の鈴木健介さん!
素敵な舞台に仕上げていただきました。
仕込みのとき、本当にテンション上がりました。
かっこよすぎでしょう!!
アフタートークまで参加していただき、本当に有難う御座いました。
そして、その舞台美術プランを再現してくださったスペース・アートさん。
仕込み当日から、鬼のようなスピードで場転をこなすスタッフさん。
皆様のお力が無ければ、この舞台は出来ませんでした。
この場をお借りして、御礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。

そして、何より120分を超える作品をご覧頂いたお客様。
本当に、有難う御座いました。
これからも、皆様に楽しんでいただける様、劇団員一同精進いたします。

本当に、有難う御座いました!!!
また遊びにきてください!お待ちしております!
: 花笑み : コメント : 0 :

いよいよ明日です 重丸

お久しぶりですm(_ _)m
仕事と私事に追い立てられ気がつけば今日になってました

明日、明後日は舞台に集中出来ます
思えばけっこう久しぶりです

明日は目一杯斬られてやろうと心に誓う夜なのでした。
: 花笑み : コメント : 0 :

小屋入り二日目


朝の天ぷら
猫発見
今日もがんばりまーす

ザキ
: 花笑み : コメント : 0 :

アマゾネスの部屋⑭

色気のみならず恋気も足らないと言われまして、どうしたものかと困っていると、鳥取支部長SEふじい氏(男)より

 

「てか、なんで?!なんであの人(十三さん)からあんな風に見られて好きにならないわけ?!オレでも好きになるよ!!」

 

うーん…だってお陽さん、鈍感だし…

 

「ていうか濱添さんが鈍感なんじゃないのっ?!」

 

と罵倒された、計算高いが鈍感な濱添です

夜分にすみません

 

さて自らが作ってしまった重圧から逃れるべく、しらーんぷりしてこのまんま本番迎えちゃおうかといつもの逃げ癖が出るところでしたが、いかんいかん

アマゾネスの最終回をお送りいたさねば

 

アマゾネス最終回は、ギアトップ会談だと豪語してしまいましたが、

気の小さいわたしは本番前、異常にナーバスになりますのです

そして、演出さんとは怖くて口が聞けなくなるという特性が昔からありまして

気付けば福井さんは演出さんでした

 

ど、どうしよう

 

 

ただ、今回

1週間前にしては

気持ちに余裕があります

 

どうしてだろうと考えました

 

支えてくれている人達がとても多いことに気が付けたからです

 

あ、このままだとなんかただのよいはなしになりそうです

 

だから本題に戻ります

 

というわけで

アマゾネス最終回スペシャルinいつものファミレス!

 

稽古終わりの深夜、ファミレスに到着

とりあえず飯だ、飯だ!!

というわけで注文しました


 

左が赤木さん、右が福井さんの注文の品です

福井さんは鶏肉苦手なのに、チキンのナンチャラを注文してしまったとひどく後悔されていました

お疲れなのだと思います

 

赤木さんは、セットの味噌汁を豚汁に替えていたのは記憶していますが、何を注文されたのか忘れてしまいました

ドリンクバー前で、かけつけ一杯!されていたのは記憶しています

渇いた喉と疲れた身体を一刻も早く潤したかったのだと思います

 

ちなみにこれはロドリゲス氏


ガーリックのかほりを漂わせていましたが、何を食べておられたのかは忘れました

ガーリックで疲労回復したかったのだと思います

 

ちなみに私

ファミレスに着いてから、そういえばご飯食べたの思い出しました

ので甘いもの食べました

疲れている時には甘いものに限ります


 

 

さて、一応アマゾネスの部屋ですから、何か聞かないと…

 


 

うーん…

 

あ!井勝さんからの質問です

 

①無人島に行くとしたら何を持って行きますか?三個ぐらいで

 

ではまず福井さん 

「パソコン、スマホ、…あコレは却下だった!いやぁ三個じゃ足らないんだよー。お客さん千人と、劇団員と、パソコンと、プリンターも欲しいなぁ」

 

「もはや無人島じゃねー(笑)」

「唯一の娯楽がソフトギア!(笑)」

「そんなことならお客さんも劇団員になりたいんじゃない(笑)」

「劇団員500人にお客さん500人(笑)」

「劇団員増えたらお客が減るって(笑)」

 

こうして3人の談笑はしばらく続く…

 

えーっと、じゃあ赤木さんは…?

 

「そうだねぇ、ヨットほしいなぁ。あとソーラーの発電システムと、電気自動車」

 

「おお~(笑)」

「なんかあったらヨットで陸に戻ればいいしねぇ(笑)」

「リゾートだねぇもう(笑)」

 

談笑続く…

 

えっと、もうじゃあ

②意気込みでも…

 

「えーっと…あ、ちょっと」

 

赤木さん、またドリンクバーへ

 

戻る

 

えっと、赤木さん意気込みを…

 

「がんばるぞーぉ!!」

 

…福井さんは…

あ、みどころでも…

 

「みどころは、本です。嘘です。セット?うた?全部??」

「ようは目がはなせないんだ!」

「目薬をお忘れなく!」

「みどころといっても、どっかだけを頑張ってるわけではないんだよねー」

「あ、セットがでかいよ!」

「映像もあるしね」

「えー、なんかないかなぁ」

「見終わった後のお客さまの顔です!!」

「…」

「カーテンコールの役者のどや顔です!!」

「…」

 

時折真面目な話も入りつつ、とりあえず質問からはひたすらに脱線しながら談笑は続く…

 

と、気付けばビックリするような時間!!

楽しい時間はあっという間に過ぎるものです

だから、きっと、公演時間2時間越えても、きっと、あっという間だと思います、きっと

 

というわけで、解散しました

 

ようは、もうみどころが決められないくらいの舞台だということです!

だいたいスター赤木さんに意気込みを聞こうなんてそんな野暮なことをしてしまった己を恥じて

そして、そういえば色気や恋心について考察をせねばならんことも思い出して、

このアマゾネスの部屋をあっけなく終了いたしましてわたし台本読みます

 

てか、てかてか、打ち上げで皆に一言コメントもらいに回ろうかなぁぁ!よし、そうしよう!!

 

というわけで、次回は

 

『アマゾネスの部屋~終わりの始まり特別編!「花笑み」終わりましたがどうでしたか?スペシャル』

 

でお会いしましょう

 

ごめんなさい、ナーバスだから慌ただしく終わります!!

週末は、全員芝居でがんばります!!

アマゾネス的みどころは、最初と最後の斬られゆく人々の人生に思いをはせたらもうたまらん(涙)というところです!!

ぜひぜひ会いに来てください!!!

本当にお待ち申しております!

: 花笑み : コメント : 1 :

見所は殺陣です。でも酒場の喧騒も捨てがたい(ザキ)


今日RSKラジオに向かうSE 藤井くんに「見所は殺陣です」と書いたカンペを渡しました、最近朝の再放送、後家人斬九郎にはまってるザキです。

録画して夜中に見てます。いやいや、渡辺謙かっこいい。

話がずれました

今日はRSKさんからお話を頂いて、キャンパスラジオという番組で公演告知をさせていただきました。

協力してくれた机屋さん、えつさん、ありがとうございました!

オニビジョンさんも取材にきてくださったので、トップページからリンクをはってます。
見所の殺陣がちょびっと映ってます、見てみてくださいね♪

写真は殺陣シーンを熱演中のロドリゲス、タケナカくん、タゴくん。

かっこいいです。

でも、ほんとは酒場のシーンも見所なのです。

タケナカくんはじめ男たちと酒場女の喧騒が、むっちゃかっこいいのです。

この三連休、もくもくと道具を作ってくれているギアメン、お疲れ様。

明日は三丁目劇場で稽古です!

ラスト二回稽古、がんばりまーす!



: 花笑み : コメント : 0 :

ホールをお借りして。 (福井)

ども、ソフトギア主宰bの福井です。

昨日は、別の団体の方がホール稽古だったところを、ご無理を言って稽古場所を譲っていただきました。
関係者の皆さまにお礼を申し上げます。ありがとうございましたm(__)m

お陰様でじっくり稽古ができました。
photo2.jpg
photo1.jpg
こんな幸せなことないですよね、前はこんなことできもしなかったソフトギアです。

メンバー達「ホールと同じ大きさで稽古がしたいよぉ~」
主宰「そんな贅沢言うんじゃありません!」
メンバー達「本番と同じ道具を使って稽古がしたいよぉ~」
主宰「無茶言わないで!」

そんな世界だったんだもの。
メンバーの皆さんには、本当ご苦労かけてます。
・・・まぁ、今はそれに見あう以前の数十倍のご苦労かけてますがねwww
劇団というものは、苦しくて苦しくて、ほんでもって楽しくてたまらないもんです。

メンバーの顔がキラキラしているか、どんよりしているかを見極めるのが主宰の仕事だと、私は考えます。

演出の仕事はまた違ってきますが、、、ね(黒笑)

さてさて、本公演の演出福井がテレビデビューです。
オニビジョンです、6時から放映の…あー詳しくは以下の画像をチェック!

photo.jpg

HPで画像もアップして下さるようで、またリンクしますね。
いやもう、なんかよくわからんままによくわからんことをしゃべってしまいました。
事前に同じ質問をされて無難に答えていたというのに、カメラを向けられたら全く違うことを言い出してしまうのは、素人にはよくあることで、そこら辺は適当にカットしてくださるんでしょう。きっとそうでしょう。
ロボットになりたかったなぁ。せめて椅子に座って偉そうになんか言いたかったなぁ。うっけんに代役頼めばよかった。あ~~後悔先に立たず。

まあ、そんなことより「花笑み」です!

育ってますよ。着実に。まだまだ、こっからがソフトギアです。こっからまだびっくりするぐらい育ちます。

12月1日2日、リピーターチケットも当日発売いたします。2回めからは500円で芝居見れます。1000円だせば、過去作品のDVDを1枚つけちゃいます。太っ腹です♪

皆様是非天神山文化プラザに足をお運び下さい。

あなたのために、芝居つくってます!
 

tag : 福井

: 花笑み : コメント : 0 :

まだまだあがいてます ザキ


色街、格子の中から恋しい人を呼び止めるとき、貴女ならどうしますか?

写真はそんなええシーンを形作ろうと必死のアマゾネ...あいや、ハマゾエさん

左に見えている足はそんなハマゾエさんのために格子を無言で支えてくれてるタケナカくん

まだまだ、まだまだあがいてますソフトギア。

まだあと2週間(きゃー!)あるし!

ちなみに今日は花笑み舞台美術を手がけていただいた鈴木健介さんが所属する、青年団のドキュメンタリー映画をシネマクレールに見に行ってきました。

残念ながら鈴木健介さんは映画の中には映っていなかったのですが、監督さんと平田オリザさんが、

「スズケンさん?イケメンですよ」

とおっしゃっておりました

楽しみ、楽しみ(^.^)

イケメンスズケンさんの舞台美術ワークショップ、ご予約続々入りはじめました!
先着20名様なので、ご予約はお早めに☆

12/1 15時~ 天神山文化プラザ第1会議室にて
子供から大人まで無料でご参加いただけます
ご予約はトップページの応募フォームよりどうぞ


楽しくなければ演劇じゃない
楽しくなければ、それは何かがうまくいってないのです
演劇は最大の遊びです

平田オリザさんの役者に向けたたくさんの言葉のなかで、一番心に残った言葉です。

さー、明日こそ着物細工終わらせるぞ!
の、ザキでした。



: 花笑み : コメント : 0 :

アマゾネスの部屋⑭


計算高いが数計算の苦手な濱添です
おはようございます


ちなみに私の通った高校では、高3の一年は、大学受験に合わせてAからCコースが文系、DからFコースが理数系というふうに分かれておりました

そのコースを選択する際、本気で数学の苦手だった私は、授業に理数科目が全くないAコースを希望

受験のことを考えてせめてBコースにしとけ(大半の方々がまずAコースを選択しないらしい)と担任教師から言われ
「え?大丈夫です、理数科目が受験科目にない学校にしか行きません」
と飄々と答えたらしい私

普段、地味で目立たない生徒がそういって教師の言うことを全く聞こうとしないので、先生は母を呼んでちょっと話をしてやってくださいみたいなことを言ったらしい

母は何て言うのだろうかと思っていたら
「先生、この子は言いだしたら聞かないんで、フフフ(苦笑)」
と、ドラマでしか聞かないようなセリフをここぞとばかりに言ったのは、とても覚えている
あれは絶対、母はあのセリフを言いたかっただけだろうと思う


まぁそうして、理科数学とは無縁で今までやってきたのですが、
先日のソフトギアワークショップでやったゲームのひとつが、なんと計算もの!!!

わ、わからないよ!!

ワタシ、ゼンゼンワカラナイヨ!!

空気文字で筆算するのだけど、ホントに分からないのだよ!!!

例えば「44-6」とかは難問!
「83-7」あたりもいい(非常に難解な)問題す

ああ、せめてBコースに進んでいれば、計算のできる計算高い女になれていたと思いますが、後の祭りです

受験生のみなさん
「今が良ければよい!」と思って生きていると私のようにあとで痛い目に合うのですよ

でも、今が楽しい、のは、とっても大切、だとも感じます

ソフトギアは楽しいよ、ぜひ貴方もソフトギアへ!!

さて、
前置きが相変わらず長くなりましたが
本日のお客様は井勝ひろこさんです

実は、いかっちゃんが高校生の頃から私は彼女を存じ上げておるのですが、彼女がすごいのが
あの頃から彼女はなんにもかわらないということ!!!
これはすごいですよ?

その変わらなさはイコール天然ぶり100%を物語っており、
彼女がまったく計算高い人間ではないことをひしひしと感じます

無自覚なのに計算高いと言われる己の性格のひねくれぶりに心を痛めている今日この頃、
どうにか彼女を見習いたいものだと、個人的には強く思っておるのです!


そんな彼女への質問は、先週日曜日に後藤さんから「女子会」を開催すると口車に乗せられヒョコヒョコ出かけてみると、ただの「衣装作る会」ではないか!(笑)
※写真参照

でも、稽古場では稽古の話しかできない私ですが、稽古場じゃあないので別の話も抵抗なくできて、とても楽しい時間でした

そんな楽しい時間に、調子に乗っていきなりアマゾネスの部屋をオープンさせたわけです

あ、ちなみにね、女子会という名のオハリコ会に、ロドリゲス氏もいらしていました、あまり違和感もなくね

で、オハリコ部隊の解散より気持ち早くに
「わたしには、やらねばならんことがあるっ」
と格好よく帰って行きましたけど
何しに帰って行ったのかはまた別の機会に…

では、その時にいかっちゃんにしたアマゾネスの質問は、以下の通りです



①ふじい氏より

多数の作品に客演していただいてる井勝さんに質問です。
ソフトギアのメンバーでこの人はカッコイイって人(男女関係なく)がいればお答えください。

井「うーん………織田さんのさっぱりした性格はかっこいいなと思いますよ?…あ、あと、福井さん!」

…あ、って言ったな、今、あって言ったな

井「男の人も言ったほうがいいですか?」

いや?別に…

ロド「いーよ、いーよ、僕のことは気にせず言ってくれたら…」

いや、ホントに別に…

井「あ!あ!」

あ、言うの?

井「あ!…ぁ、やっぱりやめておきます、障りがあるといけないので… 」

どんな障りやねん!!


②じゃ得意料理は?

井「トマト煮込みですかねぇ、あとクリームコロッケとか…ココナッツカレーとか」

女子「すげーなぁ!!」

井「えーでもこの中で1番料理上手なのは石崎さんだと思いますよ?」

崎「いやいや私はあるものを煮たり焼いたり炒めたり…」

井「えーだから私、そういういわゆる普通の料理が作れないんですよー」

…ごめんなさい、悪気ナイんです
普通の料理→家庭的な料理という意でしょう


③では、ざきさんから質問どうぞ

崎「あ、じゃあ聞きたいことがあったんだ!上司が美味しいお寿司屋さんだって連れていってくれたお店がその日はしまってたんだけど…そこって井勝の(お父さんの)お店かなぁ?」

えらいアバウトな情報

井「えっと、…近くに公園ありました?あったらうちですね」

そうなの?!

崎「うーんわかんない。○○を真っ直ぐ行って~…」

と、ここでようやく場所の説明

井「…あ、違いますね」

崎「そっかあ~」

…スゴイ
これぞ天然の会話


④じゃあ後藤さん質問どうぞ

後「これからやってみたい役はどんな役ですか?」

井「えーっ難しいですね!!そうだなぁ…皆さんに聞きたいですね、この質問」

え、じゃあ答えようかな?えっと…

井「あ!看護師さん!!かっこいいじゃないですか」

…看護師さんの役、やったことあるじゃん?

井「え?あ、あ、そうですけど…。あーあのナース服が着れたのは嬉しかったですねぇ」

ん?なに?看護師役がやりたいの?ナース服が着たいの?

井「どっちもです♪」


⑤いきなりの逆質問
井「ちょっと濱添さんに聞きたかったんですけどー」

どうぞ

井「今、ハマってることってなんですか??」

芝居です


⑥では、赤木さん、福井さんに質問をお願いします

井「えー難しいですねぇ」

しばらく黙ってただのオハリコさんになっている

井「思いつきました!無人島に行くなら、何を持って行きますか?三個くらいで」

だそうです

ので、次回は赤木さん福井さん、どうぞよろしくお願いしまーーーす

みなさまお楽しみに…(^m^)
: 花笑み : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

Twitter...A

Twitter < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。